雨漏りは住宅塗装の劣化が原因?雨漏りと住宅塗装の関係

雨漏りは原因がわからないことが多い

思わぬタイミングで室内に雨水が侵入する「雨漏り」は、新築の住宅でも起こりうるトラブルの一つです。雨漏りの多くは原因を特定することが難しく、気づかないうちに雨漏りの症状が悪化しているケースもあります。雨漏りの原因として考えられることは、経年劣化や台風などの自然災害、施工不良や住宅内部の何らかの損傷などです。雨漏りが起きている場所と雨水が侵入してくる場所は必ずしも同一ではなく、それぞれの場所を突き止めるのも簡単ではありません。
しかし、雨漏りが起きていることがわかったらすぐに対処する必要があります。住宅内の湿度が高まるのでカビやシミが発生したり、木材や鉄骨が錆びて劣化する可能性があるからです。また、漏電の恐れもあります。もし雨漏りを見つけたら、すぐに専門業者に来てもらうようにしましょう。

雨漏りは住宅塗装と関係がある

雨漏りと住宅塗装には意外な関係があります。実は、雨漏りの原因場所は外壁であることが多いのです。外壁やシーリングの破損やひび割れ箇所から雨水が侵入し、徐々に水が漏れてくるケースです。外壁からの雨漏りはすぐには目に見えないことが多く、断熱材に染みこんだり天井や室内の壁に染みができたりして初めて気づくパターンが多くなっています。目視できるようになった時点ですでに被害が大きくなっている場合も少なくありません。こうした場合は早急に対策をとる必要があります。外壁だけでなく、屋根やベランダ、屋上部分の劣化による雨漏りも多く発生しています。ひび割れや欠けなどがある場合は、塗料の塗り直しや修復工事を行うようにしましょう。窓サッシと外壁の間のシーリング材、窓周辺の外壁の劣化などから雨漏りすることもあります。こうした雨漏りを防ぐためにも、定期的なメンテナンスや住宅塗装工事が欠かせないのです。

住宅塗装で雨漏りは改善できる?

外壁の劣化や塗料の劣化による雨漏りの場合は、住宅塗装工事によって雨漏りの症状を改善できる可能性があります。ひび割れた部分を修復したり、塗料を塗り替えて防水性を高めたりするのです。屋根からの雨漏りでも、塗装工事によって症状を改善できる場合があります。ただし、全ての雨漏りに住宅塗装工事で対応できるわけではありません。場合によっては住宅資材の交換や壁材の張替え、防水工事が必要になることもあるのです。雨漏り自体は住宅塗装工事によって改善できても、住宅内部に浸水被害がある場合はさらなる対処が必要になります。雨漏りや水漏れは放っておくと住宅内部を傷め建物の寿命を縮めることにつながります。こうした大がかりな修復工事が必要にならないよう、定期的な住宅塗装工事は忘れないようにしましょう。

https://www.okano-kogyo.com/outer-wall/