観葉植物の引越し方法

引越し業者によっては観葉植物の扱い方が違います。一般的な観葉植物なら運んでくれることが多いようですが、業者の中には観葉植物は一切ダメというところもあるので確認しておきましょう。
観葉植物を運んでいる際に水が漏れて他の荷物を濡らす恐れがあるので、引越しに数日前から水やりを控えます。当日には水を与えないようにしましょう。

業者が搬送してくれる場合は、業者の指示に従って包装します。指定のダンボール箱を使ったり、倒れないように毛布でくるんだりなどします。

業者が運んでくれない場合は自分で運びます。小さな観葉植物は、ダンボール箱にすき間がないように入れて、車の助手席に置いて運びます。植物同士、ダンボールとのすき間には新聞紙を入れてすき間がないようにしましょう。

大きな観葉植物はトラックで運ぶことになります。倒れないように植物のそばで支えているか、ひもなどで固定しておきます。今まで大切に育てた植物です。枯れたり倒れたりしないように気をつけて運んでくれる川崎市の引越し業者を利用することがオススメです。